FC2ブログ

文学談話室

おもにシナリオ脚本を中心に小説・音楽・旅行記など書いています

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

今月の書評「女性の品格」坂東真理子 PHP研究所刊

昨年病院に行く途中、駅の書店で目に止まったのがこの本でした。
その時、30万部(現在200万部)突破ということで、なにか診療を待つ間、さらっと読めてさわやかな感じの本はないかと探していたので早速購入しました。
「国家の品格」が出て、それ以来、品格ということばが盛んに用いられるようになって、ついにNTVテレビドラマさえ、派遣社員300万人といわれており労働市場も様変わりですが、「ハケンの品格」が放映されました。

余談になりましたが、「女性の品格」を読んで見た感想は、

品格を保つための項目が60項目以上ありますが、読んで目だったものはなく、古きよき時代と新しい時代のモラルを融合させてほしかったと思いました。
たとえば、お礼状はすぐに出すとか、人に感謝の気持ちをすぐ伝えるとか、つつましく振る舞い、自分を主張しないとか、目上の人を尊敬するとか、一昔前には、女性が守っていた常識的な内容が多く少しがっかりしました。
もっと新しい時代に即したフォーマルな場合とインフォーマルな場合とのことばの使い分け、
ケータイで外で話すときには小さな声で話す、車内でお化粧をするのを控えるとか日常起きているささいなことも言及してほしかったと思いました。

面白かったのは、会社でもご近所のお付き合いでも、特定のグループには入らないことという項目がありましたが、グループでも中にはあまり有益でないものもあるかも知れません。
つまり、それに流されて、自分の目的を失ったりすることです。
新しい時代に対応してほしかったのは、語学とか自分の趣味を広げるためにスクールにいくとか、テレビで学ぶということです。

また、高級な物を持ちなさい、いいものを何年も使うことは理解できないでもありませんが、安いものを買って使うのも今の厳しい経済情勢では当然ですので、これはあくまでも個人の意思決定にゆだねるべきであり、女性がこれによって品格があるかどうかの問題ではないと思いました。

昔は家族も二代が同居していて祖母から、母へ、母から娘へと語り継がれて自然にマナーが継承されてそれぞれの品格が形成されていくと思いますが、今は核家族でどういう風にエチケットを身につけたらわからない、誰も教えてくれる人がいないので、そういう意味で家庭に一冊あってもよいのではと思いました。
スポンサーサイト

その他 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<おすすめのTVドラマ フジTV「のだめカンタービレ」 | HOME | 純愛小説「愛は時を越えて」新風舎から7月出版され PART2も書く予定です、>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。